fc2ブログ

「海も好き」の由来14

皆さま、本年は当ブログに来て頂いた事に感謝申し上げます。
引き続き来年も、暇を見てお立ち寄り頂ければ幸いです。
どうもありがとうございました!来年もよろしくお願い致します。

西表島で会ったマンタ君。何回もホバリングしてくれてサービス満点だった!
DSC_7318.jpg
にほんブログ村 鉄道ブログ 北海道の鉄道へ
このブログに投票

三菱大夕張鉄道 夕日を浴びたNo7がギラる

大夕張駅で乗降中のNo7が、夕日でギラったところをパチリって感じかな。
ここの引き込み線は、家庭の石炭ストーブで使う暖房用石炭を降ろす所です。
各家庭へはトラックで配達してもらいますが、年少の頃には馬が引いていた
記憶もありです。乾燥した馬糞が風に乗って町を舞ってたなぁ~(笑)

もう少し横から撮れば、No7の美しいSカーブのサイドビューが見れたのに・・・
No010_28.jpg
にほんブログ村 鉄道ブログ 北海道の鉄道へ
このブログに投票

三菱大夕張鉄道 No5をキッチリと編成写真で撮る

ここはですね、前掲(2019年12月28日に投稿)「No7が美しい白煙ひいて」の
場所を正面気味に撮ってますので、少年の背中にはプールがあったハズです。
この場所は、引きもあり撮りやすい所で、大夕張炭山駅発車後の煙も期待出来たので
割と通って撮っていたようです。(←っうか、家から近いのが一番の理由かも?(笑))
No010_26.jpg
にほんブログ村 鉄道ブログ 北海道の鉄道へ
このブログに投票

三菱大夕張鉄道 No7が美しい白煙ひいて

カラー写真なら手前のタンポポが綺麗だったろうに・・・っていう写真です。

富士見町(鹿島地区の高級住宅街です(笑))をバックに、栄町から撮ってますね。
No7が大夕張炭山駅を出て大夕張駅へ向かう途中で、左手にはプールがありました。
ちょうど、栄町1丁目20番地あたりからの撮影と思われますよ!
No010_25.jpg
にほんブログ村 鉄道ブログ 北海道の鉄道へ
このブログに投票

三菱大夕張鉄道 シューパロ湖畔をNo7+旧客が駆ける

いやぁ~!大正3年生まれのNo7は、Sカーブのサイドビューが美しい!
ここは明石町駅から吉野沢トンネルへ向かう途中のシューパロ湖畔で、
たしか法面が大雨で流されて補強した後だったと思う。

旧客一両のみの牽引は風情あるよなぁ~
No010_21.jpg

う~ん、広めに景色を入れた後撃ちの撮り方が、イィ~感じでないかい!
No010_22.jpg
にほんブログ村 鉄道ブログ 北海道の鉄道へ
このブログに投票

三菱大夕張鉄道 新緑の中をNo5は駆ける

このコマは記憶もありますが、いわゆる企画倒れの失敗作でございます。
チョッと言い訳を申し上げますと・・・
皆さんは、鉄道写真家の広田尚敬氏をご存じでしょうか?
広田氏の作品で、C62重連の流し撮りで、前補機C622のツバメマークが
草花の中を飛んでる様に見える作品あります。(←ググって見た!懐かしい!)

これを「閉山反対」や「団結」でやってみたかったんですよ(笑)
しかし、流し撮りのテクニックも良く分からないし、そもそもカメラが・・・
この頃から、一眼レフカメラを欲しくなったと思うが、実際に中古ニコンFを
手にするのは、まだまだ先のことです.。但し、流し撮りは未だに苦手です(笑)
No010_20.jpg
にほんブログ村 鉄道ブログ 北海道の鉄道へ
このブログに投票

三菱大夕張鉄道 夕張岳を背に旭沢橋梁を単機で疾走

この撮影地へどのようして行ったのか?が思い出せない・・・
友達が一緒だったのか、一人で行ったのかさえ忘却の彼方だなぁ~
今は新シューパロダムで水没してるだろうし、永遠の謎だろうと思う。

そこで推察してみる(←あくまで推察です)
明石町の高台に夕張東高があったので、グラウンドの脇から山側へ抜け、
藪漕ぎして辿り着いたんじゃなかろうか?
たぶん、鉄橋と並走する道路から、抜けた場所を見つけ向かったと思うけどネ!
基本的に今の撮影スタイルと変わらないのが笑える(笑)
No010_18.jpg

既出の写真ですが、少年はこの夕張岳とSLを絡めて攻略し、満足した事だろう。
全て忘れてた事だけど・・・白黒ネガRAW現像作戦を始めて良かったと考えてる。
No010_29.jpg
にほんブログ村 鉄道ブログ 北海道の鉄道へ
このブログに投票

三菱大夕張鉄道 夕張岳をバックに旭沢橋梁を俯瞰する

かなり考えたが記憶が殆ど蘇らず・・・当時の心境を予想してUPする。

この写真で「夕張岳」「旭沢橋梁」「スハニ6」という、三菱大夕張鉄道の
三種の神器的なモノが詰まった究極の写真を撮影し納得したのである。
しいて言えば「煙が・・・」って思うが、少年はこの景色に十分満足したと思う。
と、まぁ~考えましたが、いずれにせよ、今と変わらない撮影スタイルの基礎が
徐々に確立していったのは間違いないのであろう!と思う(笑)
No010_19.jpg
にほんブログ村 鉄道ブログ 北海道の鉄道へ
このブログに投票
プロフィール

海も好き

Author:海も好き
昭和50年12月SLと共に撮影から引退。撮影済みネガは忘却の彼方へ。
時は流れ、ある夏にC623と遭遇。
その時はSL撮影を再開する事になるとは夢にも思わなかった・・。
再び手元に積み上がるポジを眺め、白黒ネガからデジタル化を始めた。

ようこそ「煙の記憶」へ
北海道の鉄道ブログランキング
にほんブログ村ランキング
FC2ブログランキング
人気ブログランキング
鉄道コムブログランキング
最新記事
最新コメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
海も好きからのお願い
このブログの掲載写真等の無断転載はご遠慮下さい。古いものも多いですが、著作権などは放棄しておりませんので、よろしくお願いします。なお、リンクはフリーです。   その他、ご意見等がありましたら、お気軽にメールでお願いします。
海も好きへのメール

名前:
メール:
件名:
本文: