fc2ブログ

真谷地鉄道 更に24号機の後撃ちを撮る

これも白黒ネガの前後関係を見ながら、通過直後に線路横断して撮ったと思われ、
これはいけませんなぁ~(笑)

日当たりの良い左手の斜面を見ると、歩けば如何にも側溝が抜けそうな感じですね。
胸ぐらいまで落ちた時には、相当焦ったと思うよ。今でも記憶に残るのだから・・・
とりあえず、冬の北海道での撮影は危険がいっぱい!って事を、少年は学習した。

追伸・・・
そういえば冬の湿原号とかで、「わ」ナンバーのお方が路肩で脱輪を時々見掛けます。
除雪車のウイングで飛ばされた雪の下は、道路では無く路肩の側溝って事が多いです。
自分も含め皆さん、北海道の冬道は気をつけましょうね!
No024_17_01.jpg

にほんブログ村ランキングに参加してます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 北海道の鉄道へ
👆よろしければクリックをお願いします。ブログ更新の励みにもなります!

真谷地鉄道 24号機の後撃ちを撮る

この頃からは必ず、後撃ちを撮るようになったみたいですね。
今の復活蒸気だったら、下手にお立ち台に行こうものならば身動きならず、
後撃ちどころじゃない事態に・・・(笑)
まぁ~当時はマッタリと撮ってたのだろうな?と、古いネガを見て思ってます。

テンダー側にはスノープロウ付いてますね。
No024_16.jpg

にほんブログ村ランキングに参加してます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 北海道の鉄道へ
👆よろしければクリックをお願いします。ブログ更新の励みにもなります!

真谷地鉄道 真谷地へ向けて24号機が奮闘中(7)

真谷地鉄道といえば、人が汽車の前に乗って来て驚いた記憶はあるが、
さすがに冬には乗ってないみたいですね(笑)
No024_15_01.jpg

真谷地ではこんな感じで、人が乗って来るのです!
No016_09.jpg

にほんブログ村ランキングに参加してます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 北海道の鉄道へ
👆よろしければクリックをお願いします。ブログ更新の励みにもなります!

真谷地鉄道 真谷地へ向けて24号機が奮闘中(6)

おぉ~!少年は横位置に構え直して、上手くリカバリーしたみたいですね。
とりあえず、この写真が撮れたのであれば、満足したのではないかと推察してます。
きっと、この状況ではいま構えてもこうなるんじゃないかと思う。

やはり、冬のSLはイィですなぁ~最高だ!
No024_14_01.jpg

にほんブログ村ランキングに参加してます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 北海道の鉄道へ
👆よろしければクリックをお願いします。ブログ更新の励みにもなります!

真谷地鉄道 真谷地へ向けて24号機が奮闘中(5)

アァ~、やはり煙は風に乗って左の方へ流され、パッタリと倒れてしまった。
これはこれで残念ではあるが、更に残念なのはこれがもしカラーフイルムならば、
青空に映える鼠色の煙が綺麗だったであろう事かな(笑)

さぁ~、この煙の状況に少年はどう対応するのかな?
No024_13_01.jpg

にほんブログ村ランキングに参加してます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 北海道の鉄道へ
👆よろしければクリックをお願いします。ブログ更新の励みにもなります!

真谷地鉄道 真谷地へ向けて24号機が奮闘中(4)

横位置では煙が溢れてしまうと思ったのか、縦位置に構え直しましたよ!
しか~し、煙は左の方へ流されつつあるような気がする。
築堤の上は風があったみたいだけど、少年は上手く対応出来るだろうか?
No024_12_01.jpg

プロフィール

海も好き

Author:海も好き
昭和50年12月SLと共に撮影から引退。撮影済みネガは忘却の彼方へ。
時は流れ、ある夏にC623と遭遇。
その時はSL撮影を再開する事になるとは夢にも思わなかった・・。
再び手元に積み上がるポジを眺め、白黒ネガからデジタル化を始めた。

ようこそ「煙の記憶」へ
にほんブログランキング
FC2ブログランキング
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
海も好きからのお願い
このブログの掲載写真等の無断転載はご遠慮下さい。古いものも多いですが、著作権などは放棄しておりませんので、よろしくお願いします。なお、リンクはフリーです。   その他、ご意見等がありましたら、お気軽にメールでお願いします。
海も好きへのメール

名前:
メール:
件名:
本文: