fc2ブログ

羽幌線 鬼鹿駅でかもめ号D51147をアップで撮る

D61を狙って空振りだったのか?
はたまた、かもめ号を撮りに行ったのか?が思い出せないですね。
ただ、このアップは貴重な感じもするし、よくぞ撮ってたなと感心した。
それに後ろでチラっと見えるのは、鬼鹿駅だろうね。

このD51147は冬の恵比島峠で、本務機を務めてた奴だな!

昭和49年夏頃 羽幌線鬼鹿~力昼で撮影。
No034_37.jpg

昭和49年冬頃 留萌本線峠下~恵比島で撮影。(既出画像のD561147です)
No027_18_1.jpg

にほんブログ村ランキングに参加してます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 北海道の鉄道へ
👆👆👆こちらのクリックもお願いします。ブログ更新の励みになります!
 

羽幌線 鬼鹿の海岸を行く59674を撮る(3)

とりあえず、お約束の後撃ちも撮ってます!
海岸をよく見ると若者たちの海水浴も写ってますね。
そう言えば、この旅行の北海道周遊券が白黒ネガと共に保管されてました。
何れ機会があればPCに取り込んで公開したいと思います。
たぶん、下車印の中に鬼鹿もあるんじゃないかな?(笑)

昭和49年夏頃 羽幌線鬼鹿~力昼で撮影。
No034_36.jpg

にほんブログ村ランキングに参加してます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 北海道の鉄道へ
👆👆👆こちらのクリックもお願いします。ブログ更新の励みになります!
 

羽幌線 鬼鹿の海岸を行く59674を撮る(2)

きっと綺麗な海が広がって、潮風に吹かれながらの撮影に満足してたと思う。
煙が出てない事が少年にとっては、大して問題ではなかったのではないかと想像する。
しかし、少年が何故?ここ鬼鹿まで来たのかを、いくら考えても答えが見つからない。
更に約半世紀後、そのネガをPCの画面に表示し、眺めてる事を少年は知る由もないのだ。

昭和49年夏頃 羽幌線鬼鹿~力昼で撮影。
No034_35.jpg
昨日、ツイッターの方で同じ場所の写真を、フォロワーの方から見せて頂きました!
当ブログを始めて一年半となりましたが、初めて同じ立ち位置写真を見て感動です。
いつかそんな日が来てほしいと願い、ツイッターも始めたので嬉しかったです。
えぇ~、半世紀前の写真ですからね!これからも期待したいと思います。
貴重な写真を見せて頂き、本当にありがとう!

にほんブログ村ランキングに参加してます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 北海道の鉄道へ
👆よろしければクリックをお願いします。ブログ更新の励みになります!

羽幌線 鬼鹿の海岸を行く59674を撮る

D61を待って9600が来たのかさえも憶えていない・・・。
しかし、きっと綺麗な日本海が右手に拡がってたと思うよ!
少年は山育ちなので、ある意味、海に憧れがあったのは間違いない。
きっと少年は、爽やかな浜風を感じながらSLを待って居たのだろう。

昭和49年夏頃 羽幌線鬼鹿~力昼で撮影。
No034_34.jpg

にほんブログ村ランキングに参加してます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 北海道の鉄道へ
👆よろしければクリックをお願いします。ブログ更新の励みになります!

羽幌線 鬼鹿にてD51147かもめ号を撮る

ネガ袋に羽幌線鬼鹿と書いてなければ、何処か分からないかもしれない。
写真のD51147は海水浴の臨時列車、かもめ号と思われます。
かもめ号の事を分かって行ったのか?偶然来たのか?は忘却の彼方ですね。
とりあえず、腕木信号機を入れて撮ったのはよろしいのでは?
残念なのは白黒の為、バックの海が飛んでしまった事かな。

思えば、夕張→青森→函館→釧路→標茶→深川→鬼鹿と移動した訳だが、
いま考えたら凄いなと思う。
そのエネルギーたるや、只々感心してしまう今日この頃です(笑)

昭和49年夏頃 羽幌線鬼鹿~力昼で撮影。
No034_32.jpg

にほんブログ村ランキングに参加してます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 北海道の鉄道へ
👆よろしければクリックをお願いします。ブログ更新の励みになります!
プロフィール

海も好き

Author:海も好き
昭和50年12月SLと共に撮影から引退。撮影済みネガは忘却の彼方へ。
時は流れ、ある夏にC623と遭遇。
その時はSL撮影を再開する事になるとは夢にも思わなかった・・。
再び手元に積み上がるポジを眺め、白黒ネガからデジタル化を始めた。

ようこそ「煙の記憶」へ
にほんブログランキング
FC2ブログランキング
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
海も好きからのお願い
このブログの掲載写真等の無断転載はご遠慮下さい。古いものも多いですが、著作権などは放棄しておりませんので、よろしくお願いします。なお、リンクはフリーです。   その他、ご意見等がありましたら、お気軽にメールでお願いします。
海も好きへのメール

名前:
メール:
件名:
本文: